スバルエクシーガ、ヘッドライトの黄ばみ

スバル ヘッドライトの曇り、黄ばみ

スバルエクシーガ、ヘッドライトの黄ばみの修理です。

ヘッドライトの表面のクリヤコートが劣化しているため、黄ばみ、曇りが出てきています。

コンパウンドで磨くと一時的には綺麗になりますが、数か月経つと曇ってきてしまします(そんなにもたないかも…)

一番良いのは、表面の劣化したクリヤを削り落として、新しくクリヤを塗装することだと思います。

というわけで、ヘッドライトクリヤ塗装修理をした状態がこちらになります↓

途中の画像がありませんが(^_^;)

まず、黄ばんだヘッドライト表面のクリヤ膜をペーパーで削り落とします。

クリヤを綺麗に塗装するには、このペーパーでの削りを細かく仕上げることが大事になります。塗装する時は、ヘッドライト以外の部分に塗装が付かないように養生(マスキング)して行います。

スバルに限らず、各メーカーでヘッドライトの黄ばみに悩むお客様は多いと思います。

今回のようにクリヤ塗装をする以外で綺麗にする方法として、コンパウンドで磨いたり、その上からコーティング剤を塗ったりする方法もあります。

いずれも簡易的な方法であり、耐久性をを求めるとクリヤ塗装をすることがベストかと思います。

 

 

…と、ここまではいいのですが、

別のお車のヘッドライト曇りの件で少々難しいものがありました。

レンズ表面だけの劣化、曇りではなくポリカーボネート自体の曇り(にごり)でしょうか…

これは、綺麗な透明にならなそうな感じ…(>_<)

↓クリア塗装をしました(これで…)

…うーん、イマイチ(~_~;)

そういうこともありますm(__)m