Snap-OnスキャンツールMTG5000によるサービスリマインダ初期化

フォルクスワーゲンのオイルインスペクション

フォルクスワーゲンのオイル交換サイクルは10000㎞ごとで、メーター上にお知らせが出ます。

そしてオイル交換距離に達すると毎回エンジンをかけた時と停止した時に警告が出ます。

今すぐオイル交換して下さい!、今すぐオイル交換して下さい!今すぐオイル交換して下さい!

かなり鬱陶しいです。

そしてこの表示はオイル交換をしただけでは消えないのです。

オイル交換をした後車側の操作で消すことができるのかな~と思ってやってみたけど、どうやら消すことはできなさそうです。

スナップオンMTG5000

スキャンツール、スナップオンMTG5000

ブログでは久々に登場ですが、故障診断で結構使っています。車両側で消すことができないということはスキャンツールで消すことができるであろう予想のもと繋いでやってみることにしました。

作業サポートを選ぶと、ありました!「サービスリマインダ初期化」

一度イグニッションをOFFにして再度ONにしてみて無事にリセットできたことを確認しました。

MTG5000でリセットできる車種

故障診断以外あまり使わなかったので使い方忘れてました。

MTG5000システム対応表

主に輸入車ですがオイル交換や点検のお知らせをリセットできる車種↓↓↓

VW、BMW、BMWミニ、アウディ、メルセデスベンツ、ベントレー、ポルシェ

国産車ではホンダでオイルやメンテナンスのお知らせをメーターに表示されるのを見たことありますが、手元の操作でリセットできたと思います。

ブログを見て来店

先日、ポルシェのお客様が、MTG5000でエアバッグのエラーをキャンセルしに来店してくださいました。

エアバッグのエラーがどうしても残ってしまうものがあって、チェックランプを消すことができませんでしたが、(ついでで)サービスリマインダーのリセットはできました。

エアバッグの件は保留で帰られましたが、サービスリマインダーをリセットできたこと、ブログを見て来店していただけたこと、微力であるが無力ではないな~と感じました(^_^;)