三菱アウトランダー フロントバンパー外し

GG2Wアウトランダー

三菱アウトランダーのフロントバンパー外しです。

これプラグインハイブリッドでした。

脱着指数が確か0.5だか、それくらいだったので、

「ダイハツ軽自動車のパンパーと同じくらいか!」と思ったのですが、作業してみたらちょっと違うような…。

※指数とは、どこかの誰かが決めた作業時間みたいなものです。

それに時間当たりの工賃を掛けたのが作業工賃になります。

バンパー取外し作業開始

まず上の画像はラジエータグリルを外したところです。ここからバンパー外しは始まります。

ラジエータグリルは上のクリップを外したら、まっすぐ前方向に引き外します。

クリップが固く刺さっている部分もあるので、気をつけながら外さないと↑赤いやつの土台がもげます(^_^;)

フロントバンパーは上にクリップが刺さっているのを外します。

それと、フォグランプとクリアランスソナーの配線が集中して2つのカプラーであるので、外しておくと取外し時にマゴマゴしないで済むかもです。

ヘッドライトの下とナンバー横辺りにボルトがあります。頭10㎜ボルトです。

あとは、まわりに付いているクリップを外していけばバンパーは外せます。

横のところを外して…

上のところなんて、やりづらっ💦

バンパーの下側は、真ん中が+ドライバーで緩めるタイプのクリップとか結構面倒です。

まわりも共回りしちゃって外れない場合は…

後ろにクリップ外しなど差し込んで、テンションをかけてやると共回りしないで外せるかも( *´艸`)

いつも思うのですが、ドライバー(ねじ回し)ってやつは、大半を押す力をかけて使います。そうすることで、ネジをナメないでうまく回せます。だからネジを回す力は押す力より全然弱いです。

これ、力加減が何対何とか推奨あったと思います。

でも、この樹脂クリップのネジを外す場合はそうはいきません。

弱く押して、ネジを回さなければなりません。ネジ山はプラスチックなので、限りなくナメそうです(笑)

汚れ(砂)などが絡んで固着している場合は、簡単にナメてしまいます(>_<)

鉄ネジの固着はCRCを吹きかけますが、樹脂クリップの固着は水をかけると緩むと言います。

それでも樹脂クリップは劣化もあるので、交換を前提に乱暴に作業するした方が時短に繋がるかもです。

と、やっているうちに…。

これの脱着指数ホントに0.5か!!!

ってなりますm(__)m