ルーテシア、暗いロービーム

ルノー、ルーテシア2

オルタネーター交換を終えて、ヘッドライトをずらした(外した)ので、完成時にライトの光軸調整をしました。

暗い!!

プロジェクタータイプのロービームでレンズ自体の黄ばみもありますが、暗い!

見たことないくらい、暗い!

いや、見えないくらい暗い(笑)

ロービームは「HB3」という形のハロゲンバルブが付いていて、バルブ自体の劣化による光量の低下もありました。

ロービームを明るくする

明るくする一つの方法として、明るい電球(ハロゲンバルブ→LEDバルブ)に交換する方法があります。

HB3の形でLEDバルブがあるのでそれに交換してみたいと思います。

例えば低価格でこんな感じのバルブに交換してみます。

白っぽい光のLEDなので、雨の日の夜は見えづらいこともあります。

「光度」で言う明るさは、明らかに明るくなりました。

プロジェクターや外側のレンズの曇りも関係あるので、これでも暗かったら諦めてもらいます(笑)

でもオーナーさん自身「明るくなった」と言ってくれていますので、とりあえず大丈夫そう(^_^;)

手軽にLEDバルブにしてみる

今、後付けタイプのLEDバルブが本当に安くて品質の高いものが出回っています。

ひと昔前、まだLEDバルブが出回っていないころ、ハロゲンバルブから明るくする方法は後付けHIDが代表的でした。高品質なHIDは、3万~5万円とかありましたし、その一方1万円以下の低価格の物もたくさんありました。値段と品質は正直なもので、安いものはすぐにダメになってしまうものも多かったです。

技術の進歩なのでしょうか、今のLEDバルブは、純正ハロゲンバルブを交換するのと何ら変わらない(低)価格なのに高品質だったりします。

明るくする選択肢としてHIDとLEDがありますが、価格と品質を考えても手軽にLEDを選んでみてもいいかもしれません。

整備

Posted by ohno-bp