OBD2コネクターからのメモリーバックアップ

以前のブログより

バッテリー交換時のメモリーバックアップ

設定リセット家電も停電があったりコンセントを抜いたりすると設定がリセットされます。電子レンジやビデオの画面に表示されている時計が「12:00」で点滅しているアレです。車も同じでバッテリーを外すとラジオの時計、設定してあるチャンネルなどが初期状態になってしまうということで今回はOBDⅡコネクターよりメモリーバックアップの方法を具体的にお伝えしていきます。

まずOBDⅡコネクターの各端子の役割をネットから抜粋

これってこっち側?あっち側?と思うかもしれませんが

車両側です。

こういう感じで電気が来ています。

ですからイメージとしては…

あっちの端子のバッテリー(エンジンルーム内の本当の方)を外してしまうから

こっちの端子(OBDⅡコネクター)にバッテリー(12V)を繋いでおこう

といった感じです。

当然こっちからはこのように電気が来ています。

ですから12Vをバッテリーの+

アースをバッテリーのだと思ってください。

このように接続してからバッテリー交換に取りかかります。

OBDⅡコネクターは大体運転席足元にあります。

このジャンプスターターはライトも付いていて便利です。

ライトは点滅もします。多分「SOS」と言っているのだと思います。

その他に赤く点滅とかもするので、事故や災害時に役に立ちそうです。

整備

Posted by ohno-bp