トヨタのストライカーねじ

ドアロックの受け側→ストライカー

ドアを開けると必ず付いているこれ↓ストライカーと呼ばれるものなのですが

だいたい2本のネジで取付けられています。

メーカーによってはプラスのネジやボルトもありますが、トヨタは星っぽい形の「トルクス」って呼ばれるネジです。

このストライカーのトルクスサイズがT40という大きさなのですが、手持ちのトルクスソケットがぴったりはまらなくて長年困っていました🥺

金色のやつ

スナップオンのバンセールスの方に聞いたところ、金色のビットのトルクスソケットは材質が硬くネジに対して結構タイトに作られているようで、しっかりと叩き入れてネジを回すのが得意みたいです。

それとはまた違うやつで、黒いビットのトルクスソケットもあるようです。材質は硬くなくビットサイズも少し小さ目?というかテーパーになっていない形になっています。

金色はタイトで、ネジ穴の深さ半分くらい入って止まってしまう。↑

黒いビットはしっかりネジ穴の奥まで入ります。

金色から黒にビットを打ち換えてもらいました。

 

同じT40というサイズなのにどうして大きさが違うのでしょうか…。

金色の方は少しテーパーがかっています(太い?)

そして、星っぽい先端が金色の方が若干尖っているようにも見えます。

金色は、先端は入るのですが、力をかけて回そうとすると、トルクスソケットは外れる方向へ逃げようとします。

きつく、テーパー気味になっているのが原因なのでしょうか、ネジをナメる原因です。

ストライカーのネジは固く締まっている

ストライカーのネジはとても固く締まっています。気合いを入れて緩めないとナメてしまいます。

トヨタのT40は固く締まっていて、ナメそうで外すのをあきらめていたことも結構ありました。

今回のT40打ち換えで、長年の悩みが解消されました(たぶん)

ただし、黒いビットは材質が柔らかくなっているため、特に固く締まっているストライカーネジでは工具が耐えられるかが問題になってきます。あまりにも固い場合はビットがねじれます↓

ビットがねじれてもネジが緩められればオッケーです。

逆に、ネジがなめたりビットが折れてしまったらかなり面倒臭いことになります(^_^;)

あんまりいないとは思いますが、トヨタのストライカーのネジを外すのにスナップオンの金色のビットソケットを使っていて合わないと思っている方がいましたら

黒いビットに打ち換えてもらうと解決するかもしれません✨